【週刊新潮】アイヤー・・・ブルース・ウィリスも出演 中国製作の反日映画、公開のメド立たず[H29/1/11]

98pt   2017-01-11 18:07
国難にあってもの申す!!

1◆qQDmM1OH5Q46:2017/01/11(水)16:03:38 ID:??? ブルース・ウィリスも出演 中国製作の反日映画、公開のメド立たず

 大作映画であることは間違いない。「ダイ・ハード」のブルース・ウィリスが出演し、美術監督を務めたのは
「リーサル・ウェポン」のメル・ギブソン。しかも習近平指導部がバックアップし、製作費70億円が投じられた。
中国本土のみならず、米国でも公開が待ち望まれているが、封切りのメドがまったく立っていないという。

(略)

 中国事情に詳しいジャーナリストの高口康太氏によれば、

「映画を製作したのは、上海快鹿投資集団です。快鹿は、13年前にケーブルワイヤーの国営メーカーなど4社が
合併して不動産やホテル、商社、金融などを手掛けていたが、数年前から“映画とインターネット、金融の融合”を
謳っています。昨年、快鹿の会長は公開前にもかかわらず、『大爆撃』製作の功績が認められて、
“抗日・反ファシズム勝利70周年特別賞”を受賞しました」

 今年初頭の公開を予定していたが、それが夏になり、9月に延期された挙句、未だに公開に至っていない。

■7・8%の高利回り

 映画のテーマは、無辜の市民を空爆で1万人以上殺害した旧日本軍の残虐さだが、史実として確たる証拠はない。
では、この反日映画に何があったのか。

「実は、快鹿の経営問題が発覚して、映画の公開どころではありません」

 こう指摘するのは、中国駐在の商社マンだ。

「今年3月、当局の調査で快鹿傘下の映画会社が興行収入を水増しし、製作目的で集めた資金を他に回していたことが
明るみに出ました。また、快鹿傘下の会社が販売した金融商品の利払いが遅れたこともあり、快鹿本社や関連会社前に
投資家が詰めかけて大騒ぎになったのです」

続き デイリー新潮
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/12110558/?all=1


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 62◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482399045/927 c?ro=1&act=rss&output=no&id=6037535&name
   バカ三国アンテナトップページへ
中国 韓国 北朝鮮の話題が沢山。