山口二郎「菅政権のコロナ対策を見ていると、75年前になぜ戦争に負けたかよくわかる」

2pt   2020-11-22 00:01
厳選!韓国情報

1:ななしさん 2020/11/21(土) 17:25:05.61 山口二郎法政大学教授が21日までにツイッターに投稿。菅政権の新型コロナウイルス対策を見ていると、日本が戦争に負けた理由が分かると記した。

山口教授は「菅政権のコロナ対策を見ていると、75年前になぜ戦争に負けたかよくわかる。オリンピック開催が国体護持と本土決戦、ワクチン開発が神風、竹槍戦術に代わってマスクしながらご飯を食べる方法を開発」と、当時の日本政府の対応と現在の政権の対応を当てはめた。

さらに山口教授は「主観的願望を現実と思い込み精神主義で問題解決ができると錯覚する。それを批判する者は非国民」と投稿した。

f3904d7a.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/203d7c6e461318d27f4556a9a36a02304e910a94
引用元

人気ブログランキング
br_c_1510_2.gif c?ro=1&act=rss&output=no&id=6001451&name
   バカ三国アンテナトップページへ
中国 韓国 北朝鮮の話題が沢山。