韓国のチキン屋が閉店ラッシュへ

65pt   2019-01-11 19:59
極東アイアン速報

1: 動物園 ★ 2019/01/10(木) 12:34:36.62 ID:lqhcgOsl9

アジア経済(韓国語) 1月9日

新年に入って閉店、店舗譲渡を宣言するチキン店が続出している。最低賃金引き上げ、賃料の上昇などで企業の経営全体が危機を迎えた中で、「創業1位」に選ばれ、雨後の竹の子のように生じたチキン業種が最初に危機を迎えているのだ。

9日、関連業界によると、チキン自営業6万人以上が登録したコミュニティ内の「店舗販売」のコーナーに掲載された文は、今年に入って、この日の午前までに計184件に達している。 前年同期(1月1?9日)の49件に比べ約4倍も急増した数値だ。

店舗名を明らかにすると、中寧々チキン(京畿道高陽市など16ヶ所)、グプネチキン(ソウル市江東区など10社)、bhc(ソウル市蘆原区など5ヶ所)、メキシカーナ(メキシカーナ仁川グウォルドンなど3ヶ所)BBQ(京畿道安山市など)、橋村チキン(釜山市金井区など)などの大型チキンフランチャイズも多数含まれていた。

業界では、このような廃業がさらに加速するものと懸念する。京畿道城南で5年にわたりチキン店を運営しているチョン・ソクジェ(52・仮名)氏は、「配信サービスにより近所の商圏の競争が激しくなったうえ、原材料価格が引き続き高騰中」とし「最低賃金引き上げで人件費の負担まで大きくなって、周辺の大半の自営業がメニューの価格を上げたり、それでももう無理だと判断した場合は廃業を考えている」と吐露した。

泣きっ面に蜂で、鶏肉の価格まで最高点に達した。韓国ブロイラー協会によると、鶏専門店で最も多く使用される9?10号鶏肉1㎏は今月8日基準で4538ウォンを記録した。 一ヶ月前の昨年12月8日の3615ウォンより25.5%(923ウォン)高騰した数値だ。1年前の同じ日の2231ウォンと比べても2307ウォンと二倍以上に上昇した。

中略

あるチキン業界関係者は「低参入障壁などでチキンフランチャイズ加盟店が飽和状態に達し、最近自営業の体感景気が歴代最悪を記録し、閉店率は当分継続的に増加するだろう」と耳打ちした。 実際、韓国銀行によると、昨年12月に自営業者の現在の景気判断CSI(消費者動向指数)は59だった。1月の84よりも25ポイントも落ちた数値だ。景気が良くなるという期待も低かった。昨年12月、今後の景気見通しCSIは67、暮らし向き見通しCSIは89であり、年初比よりそれぞれ32点、16点も低水準である。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190109n28273%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700023,15700124,15700186,15700190,15700201,15700237,15700242,15700248&usg=ALkJrhiagMYAdM_pjPpPcUueTLj2hOWhQg

引用:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547091276/

   バカ三国アンテナトップページへ
中国 韓国 北朝鮮の話題が沢山。